2006年09月10日

バイオガスプラント

8日、トマト出荷の帰りに、小川町のバイオガスプラントを見学してきた。
(最近、三郷で話題になっているバイオマスガスプラントとは言葉は似ているが全く違います。)
給食センターの残飯と、100軒ほどの家庭の生ゴミからガスにするシステム。
500軒くらいまでは問題なく増やせるそうだ。
一日7立米ほどのメタンガス。
小川町は有機農業やエネルギー自給の運動については全国的にも有名なところで、さすがと思った。
このプラントを進めてきた桑原さんは、かつて藤沢さん(穂高の)とも三郷村でバイオガスの試験をしていたことがあるそうだ。15年ほど前らしい。
このプラントは成功している例といえるだろう。
そういうデーターをもとに、もっと拡がる可能性は、と聞いた時に、「他人の真似をするようではだめだ。一から自分たちで考えて実行するから、面白いし、成功もする」と言っていたのが、とても印象に残った。
img20060910.jpg
img20060910_1.jpg

帰りのトラックの中で寝る、粉奈君。

at 05:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月07日

トマト出荷

今日は夕方、トマトの積み込み。今年最後の出荷となる。積み込みメンバー、左から津村、藤沢、粉奈、鈴木。
明日朝2時半頃出発します。
粉奈君はまだ一度も出荷先の高橋ソースに行ったことが無いので、明日は二人で行ってきます。
小川町のバイオガスプラントも見学予定。
img20060907.jpg
img20060907_1.jpg


at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月06日

一年が過ぎ・・・

選挙で慌ただしかった日々が過ぎて、もうすぐ1年が過ぎようとしている。
市議会議員にはなれなかった。政治と生活との関わりをもっと知らなければいけないと改めて感じた。
産廃の施設の問題は依然として続いている。
初めて女性と付き合って、別れた。
色々な出会いと別れがあった。
冬は二回目の酒蔵勤めだった。はまりつつある自分がいた。
粉奈誠君と一緒にトマトをやることになった。
そのトマトは病気で大幅に減収。
経済的には3年目の今が、一番厳しい状況となった。
もうすぐ稲刈りが始まる。
デジカメが故障した。

at 18:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)