2005年10月16日

***津村孝夫君に期待します***

@安曇野アイガモ会はアイガモ農法を普及させることにより、安曇野の農業の活性化と環境保全に貢献したいという思いから昨年発足しました。最初の事業としてアイガモ農法の酒米で無農薬のお酒を造りました。津村君も養鶏の専門知識を生かし最初からこの事業に関わっていただきアイガモ会にはなくてはならない存在です。荒地を開墾し田んぼにするというその行動力とパワー、好奇心が強く色々な団体に積極的に参加する意欲、自分が一旦信じた道は頑固に進む一途さ、これらはきっと新安曇野市の推進力となるでしょう。心から応援します。(安曇野アイガモ会事務局 藤沢雄一郎 旧穂高町在住)

@彼は行動力と正義感と信念の人です。今までの彼の歩みを見てください。ザンビアでの青年海外協力隊、外国の人達に日本語を教えるボランティア、アルプス学園の人たちが自立していく為の支援、北小倉ゴミ処理対策委員の委員等など。そんな彼にこの閉塞感に包まれた現状を打破してもらうための仕事をきっと大きく進めてくれることを期待しています。(北小倉区 中村享嗣)


at 07:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

<農業には夢がある>


●先人たちが血のにじむ思いで開拓し、確立してきた農産物の安曇野ブランドを更に発展させたい。

安曇野の風土が生み出す農の豊かさは、この地域の発展の基盤です。


●時代は環境にもよい、持続可能な環境保全型農業を求めています。

菜の花プロジェクトやアイガモ農法をすすめ、安曇野の農業を「環境に優しい農業の里」として育てたい。


●農産物直売所の充実など地産地消を推進し、学校給食での地元食材活用を徹底し、子供達への食育環境を整えます。



●遊休農地の完全解消に向け、家庭菜園利用・定年帰農促進・農業を目指す若者の就農促進など、多くのの人たちが農業にかかわれる方策を、若い感性でどんどん提案していきます。
sub2_SUB_IMAGE.jpg


at 06:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<子育て環境の整備が急務・・未来の安曇野市へ>


●1000人以上の児童数を抱える三郷小学校の現状は安曇野市全体の他校を見ても全国的なレベルから見てもバランスを欠いています。

新設もしくは学区変更等の対応を早急に検討しなければなりません。真夏のプレハブ教室での授業、これが果たして大規模学校のよさでしょうか。

いじめや不登校などの問題にも余裕を持って対応できる規模の児童数にしてやりたいです。



●第3子の保育料の無料化、ファミリーサポートセンターの充実など、若い世代の代表として、子育て世代を応援した。

行政サービスの充実にプラスして、地域の親どうしが工夫して子育てを助け合えるようなアイディアを皆で考えていきたい。

●一番の子育て環境は「親の愛情」と「豊かな自然環境」です。

心豊かな安曇野、自然豊かな安曇野、の両輪が未来の安曇野市を担う子ども達を育てると確信しています。


at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)