2005年10月16日

***津村孝夫君に期待します***

@安曇野アイガモ会はアイガモ農法を普及させることにより、安曇野の農業の活性化と環境保全に貢献したいという思いから昨年発足しました。最初の事業としてアイガモ農法の酒米で無農薬のお酒を造りました。津村君も養鶏の専門知識を生かし最初からこの事業に関わっていただきアイガモ会にはなくてはならない存在です。荒地を開墾し田んぼにするというその行動力とパワー、好奇心が強く色々な団体に積極的に参加する意欲、自分が一旦信じた道は頑固に進む一途さ、これらはきっと新安曇野市の推進力となるでしょう。心から応援します。(安曇野アイガモ会事務局 藤沢雄一郎 旧穂高町在住)

@彼は行動力と正義感と信念の人です。今までの彼の歩みを見てください。ザンビアでの青年海外協力隊、外国の人達に日本語を教えるボランティア、アルプス学園の人たちが自立していく為の支援、北小倉ゴミ処理対策委員の委員等など。そんな彼にこの閉塞感に包まれた現状を打破してもらうための仕事をきっと大きく進めてくれることを期待しています。(北小倉区 中村享嗣)


at 07:13│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 三郷住民   2005年10月21日 22:23
貴方が自転車に乗って、一生懸命に村内中を駆け回っている姿を見ました。若さって素晴らしいなと思いました。
またあなたの街頭演説を聞いた私の友人は、他の候補者が自分の名前を連呼するばかりに対して、非常に好感を持っています。
どうぞ頑張ってください。私も明後日は貴方に大切な一票を投じます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字