2006年10月19日

合鴨解体講習会

大町市の山本さん宅で、アイガモの解体の実演をして欲しいということで、粉奈君と昼前に出かけた。
山本さんは安曇野アイガモ会のメンバーであるが、大町市でもアイガモ会を作っていて、地元の食材を活かそうということで、レストランのシェフなどにも積極的に声をかけている。今日も二人みえた。
夜は地域興しを考えている組織の試食会のようなものの食材として、アイガモが出されるそうだ。
今日は5羽、解体した。
山本さんはとても研究熱心な方で、すごい人だなーと思う。奥さんと女の子が二人いる。
夏は米とアイガモと花、冬は酒蔵の仕事をしている。
何故か、同じような形態の仕事をしている友人がたくさんいる・・・。
写真は茅葺き屋根をトタンで覆った素敵な山本家と夫妻。
10190001.jpg

3時半頃から、望さんと粉奈くんのやっている田んぼで脱穀。
暗くなり、少し残ったので、明日にする。
右の写真は、大町市の高野家。休みの時などよく田んぼや畑を手伝ってくれていて、とても助かっている。今日の合鴨解体も一緒に見学に。
10190002.jpg
そこで飼っているヒキガエル。10190003.jpgかわいい。おたまじゃくしからだという。よくここまで育てたものだと感心する。




at 19:30│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 農園の若頭   2006年10月21日 18:29
ヒキガエルって飼えるんだ!
食っても旨いんだろうなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字